小顔施術の申込は簡単【プロの施術を受けることでさらなる効果】

理想のフェイスライン

医者

骨格や筋肉へのアプローチ

理想のフェイスラインを手に入れるためには美容整形を利用するのが一番確実な手段です。特に元々の骨格を変えたい場合は美容外科でしか実現させることができません。骨格が元でコンプレックスを抱いている場合は小顔整形で解消させることができます。エラの張りや受け口、しゃくれなどのコンプレックスも解消させることができるので、顔の印象が大きく変わります。基本的に骨を削る手術を行う場合は全身麻酔を行います。神経を損傷しないようにデザインしていきますので、希望するデザインによってはラインが取れない場合もありますしっかりとカウンセリングを行ってから手術を行うかどうかを決めましょう。エラを削る手術の場合、削ることによって脂肪がたるんでしまう事もあります。術後しばらくしてから脂肪吸引することも可能なのですが、二度手間を省くためにもエラ削りと同時に行うことも可能です。切開する施術ですから部分的に腫れることもありますので、マスクを着用してカバーすることによって目立たなくなります。安定するまでに1か月から3か月程度かかります。切開せずに骨も削らない小顔の方法としてはボトックスが有効です。咬筋に作用して筋肉自体を細くし、輪郭をシャープにさせることができます。小顔に見せる美容整形にはいくつかの種類がありますので、目的に合った施術を選ぶ必要があります。筋肉や皮膚のたるみが原因で輪郭が膨張して見えることもあります。その場合はボトックス注射やリフトアップなどを行うことによって解消できるケースが多いでしょう。どの程度の小顔になりたいかによっても施術の仕方が変わってきます。エラが張って輪郭が張って見える場合、ボトックス注射がある程度解消させることができます。ボトックス注射の特徴としては傷跡を残すことなく行えます。注入するのみですから施術時間も5分から10分程度で完了します。手軽に行えますし、料金につきましても数万円で行えることが多いので人気があります。骨格の問題で顔が大きく見える場合は骨格を削らなければ問題解決しません。骨削りは100万から150万が相場金額です。削る範囲や部位によって料金が変わってきますが、美容整形の中でも高額な施術になります。しかし、骨自体を削ってしまいますから、一度施術を行うことによって効果は半永久的に持続します。顔の輪郭を骨から変えることによって理想のフェイスラインを手に入れることができるのです。仕上がりのビジョンに基づいて適切な施術を選びましょう。