小顔施術の申込は簡単【プロの施術を受けることでさらなる効果】

切らずにきれいな仕上がり

女性

部分痩せが魅力

小顔になりたい人たちの間で話題になっているのが切らずに施術が行える方法で、特にデオキシコール酸が含まれている脂肪溶解注射を使ったものが口コミでも評判がよくなっています。ダイエットをしても変化しにくいのが顔についた脂肪で、以前は手術により切開して取り出す方法が主流でした。しかし脂肪溶解注射が開発されてからはダウンタイムが少なく、仕事を何日も休まなくても施術が行えるとして人気になっています。すぐに大きな変化があるわけではなく、徐々に脂肪が減っていくため施術を受けたことが周囲にバレにくいことも魅力です。施術にかかる費用は、脂肪溶解注射10本以上使用するのであれば通常1ccが1本3,600円前後で施術を受けることができるクリニックがあります。デオキシコール酸が含まれていない、植物から抽出した成分を主成分とした脂肪溶解注射だとさらに安く、1cc1本3,000円程度で済みます。より確実な施術を望むなら、脂肪細胞を破壊することにつながって小顔を目指せるデオキシコール酸が含まれているほうが、理想の輪郭を実現するのに役立つ方法です。成分の効果が出始めるのは注入後3日程度してからで、腫れや内出血がほとんどないところが高い評価につながっています。脂肪溶解注射による小顔を目指すとき、施術を1回受けただけではわずかな脂肪にしか作用しない可能性があるため、1週間間隔で3回程度は施術を受けたほうがよいです。注入する目安量は両ほほが1回6本6ccほどで、脂肪の量によって違ってきます。顎下は3本3cc程度注入しておくとすっきりとしたフェイスラインを目指せるでしょう。顔の脂肪がなくなりすぎてしまうと骨の形が浮き出て、ごつごつした印象になってしまいますからある程度残す必要があります。技術の高い医師から施術を受けることで小顔を目指しながらも、必要な部分は丸みを帯びて柔らかく弾力性がある肌を維持した状態にデザインできますから、医師選びは必ず行いましょう。脂肪溶解注射の施術を受けたら成分が皮膚内によく広がって効果が高まるように、マッサージを行うことがベストです。施術を受けたばかりの部位にマッサージをしてしまうと出血する可能性があるため、少し落ち着いてからマッサージをします。有酸素運動を行うと成分が作用して溶けた脂肪細胞をエネルギーに変換して燃焼することができるので、早く脂肪をなくしたい人は有酸素運動も行ったほうがよいでしょう。脂肪細胞がなくなるのでリバウンドしにくいですが、顔に残っている脂肪細胞が肥大することはあり得るので、小顔を維持するために食べ過ぎには注意が必要です。